2005年11月03日

古城

小高い古塁に木漏れ日こぼれ
光華も興廃も虚空の事か
故国、小国なれど孤高を固持し
行軍広大、鴻鵠を誇示す
股肱の高官、国政に巧あり
好漢の近衛、攻守に功あり
荒野を克服して五穀を耕作し
皇国とも胡とも細やかに交易す
されど、これほどの興隆も恒久とならず
越えては黄粱の故事の夢のごとし
攻城に谺した困苦の声も、高天を焦がした紅炎も
こおろぎ追い転ぶ子供の向こうに、すでに今昔

(2005.6.8)


― いかがでしたか?(さらに詳しく
お名前: 評価:
posted by 貴 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉遊び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8924317
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。