2005年07月03日

バンブーデコレーション

 「オー、アレハナンデスカ?」
ジェームズが駅前の派出所の方を指さしながら、珍しいものを見つけた時の嬉しそうな声を上げた。その指先には七夕の笹飾りがあった。
「七夕飾りだよ。もうすぐ七夕だからね。」
派出所の前に飾ってある笹に向かって歩きながら、ジェームズに七夕の話をかいつまんで教えてやる。彦星と織り姫が離ればなれになったいきさつや、年に一度の取り決めなどを。
 しかし、ジェームズの日本語力では私の話がどこまで分かったか。話の途中で珍しそうに吊された短冊を読み始めた様子から、よく分からなかったのではないかと思う。短冊は子供が書いたものらしく、ほとんどが平仮名で書いてあり、こちらはジェームズでも読めるようだった。
「日本ノ子供タチハ、ミンナ大キナ希望ヲ持ッテイルノデスネ。」
ジェームズは盛んに感心しながら短冊を読んでいく。
「おかしやさんになれますように」
「せんそうがなくなりますように」
「おかねもちになれますように」
「おばあちゃんのびょうきがなおりますように」
子供の書くことでないか、と大げさに感心するジェームズを不思議に思いながら、悪い気はしない。
「デモ、コンナコト書イタラ、パパタチハ困ラナイノデスカ?」
「え、なぜ?」
突然聞かれても、ジェームズのとまどいが分からない。まさか、ひょっとして……。
違う、七夕はクリスマスとは違うんだ、ジェームズ!

(2004.7.8)


― いかがでしたか?(さらに詳しく
お名前: 評価:
posted by 貴 | Comment(5) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
貴さん、トラックバックどうもです。
「パパタチ困ラナイノデスカ?」と言われて分かりませんでした。ジェームズのとまどいの原因。そして最後の一文。やられました。面白いです。
七夕対決…完敗です。
Posted by まえぞう at 2005年07月03日 22:49
こんばんは、nichtです。
柄にも無く感想書いてみます。
最後の展開は多少強引な展開にも見えましたが、実は日常のいろんな場面で目にかける自然なオチもののように感じました。爆笑ではないですが、ふっと笑ってしまいました。

また新たな作品楽しみに待っています。では。
Posted by nicht at 2005年08月22日 22:32
評価:☆☆☆☆☆(ピカイチ!)
Posted by トミノ at 2005年10月31日 19:49
評価:☆☆☆(まあまあ)
Posted by Mr.X at 2007年01月30日 07:58
評価:☆(ツマラナイ)
Posted by Mr.X at 2007年06月02日 13:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4805222
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。