2005年05月01日

黄金

おいらは大臣(おとど)のオラウータン
甥、弟にお供させ
お城で王様お目通り、
王様お后お揃いで
おいらの応対御の字だ。
終わりにお后王様に
おかしなお話お聞きかと
おしとやかに仰った。
おととい丘に恐ろしい
大きな鬼が降りたって
思いがけずも黄金を
惜しげもなしに置いてった。
怖れおののき臆病に
音も抑えて押し殺し
鬼を拝んだ王国の
男も女も老いも若きも
丘を覆った置きみやげ
おっかなびっくり己の物に。
幼い王様お話聞いて
「面白くない」と仰って、
怒れる獅子の雄々しい雄叫び、
凡そ王国収めたる物
お宝黄金、王に納めよ。
おいら王様横柄と
おくびにも出さず奥袖の
黄金抑えて温和しく
・・・おっと。

(2005.4.25)


― いかがでしたか?(さらに詳しく
お名前: 評価:
posted by 貴 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉遊び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。